スタッフ紹介

実力と信頼のあるスタッフが皆様を全力でサポートいたします。

SUPERVISOR

辻野 隆三RYUSO TSUJINO

1969.2.24 生まれ
東京都出身・右利き・B型
戦歴はこちら

8歳からテニスを始め、ジュニア時代は、ほとんどのタイトルを手中に収めた。
なかでも全日本ジュニアを3年連続で制した記録はいまだ破られていない。高校卒業後の1987年、プロ転向と同時に渡米し3年の修行を積み帰国。
1990年帰国後すぐに、群馬オープン、八ヶ岳オープンで優勝し一世を風靡した。同年10月のセイコースーパーテニスでは、当時世界2位のボリス・ベッカーから数々のサービスエースを奪い大熱戦を繰り広げた。敗れはしたものの、ベッカーが辻野から強烈な印象を受けたのは言うまでもない。
その後、数々の国際大会、全日本選手権、イザワクリスマスオープンなど数多くの大会で優勝。
1993年のセイコースーパーテニスにおいては、日本人で初めて予選を勝ち抜き、本戦でもパトリック・クーネンを破り二回戦に進出した。また、1994年オーストラリアオープンにおいても、松岡修造以来となる予選を勝ち抜き、本戦出場を果たしている。この2大会での実績はまだ辻野隆三と松岡修造しか成し遂げておらず、グランドスラム大会の予選を勝ち上がった男子日本人選手は、辻野を含め歴史上3人しかいない。(2007年9月現在)
また、同年の1994年に広島で行われたアジア大会では、実に銀・銅メダルを獲得するなど、日本男子テニス界で長年トッププレーヤーとして君臨。攻撃的かつ積極的なプレースタイルは日本人離れしたセンスとあいまって、海外のプレーヤーからも高い評価を受けた。
1997年からは、実業団リーグチームのひとつ、北日本物産に選手兼監督として迎え入れられ、2006年勇退までの9年間、男子・女子チーム共に3回の日本一、3回の準優勝にとチームを導く。選手としては2003年2月に現役引退を表明し、4月の札幌の試合で一線を退いた。現在はNHKのウィンブルドン解説の他、スポーツ専門局GAORA、TBSのテレビ解説、ジャパンオープンではエンタテーメントプロデューサーとしても活躍。日本テニス協会国際委員、日本プロテニス協会の理事も務める。日本男子テニス界をリードしてきた辻野、今後はテニス経営者としても業界をリードしていく。

PARTNERS

渡辺 功ISAO EATANABE

6歳から日本人第1号のプロコーチでもある父親から英才教育を受ける。早稲田大学1年で全日本選手権の決勝に進出し、デ杯では選手としてもコーチとしても活躍する。また1967年ユニバシアード東京大会では、金メダルを獲得する。現在も(社)日本プロテニス協会 副会長として、ジュニアの育成強化から団塊の世代の為のイベントや大会で活躍する。日本テニス界のパイオニア。

BOB BUTTERFIELD

ジュニア時代をオーストラリアで活躍し、ホップマン氏に誘われてアメリカへ移る。11年間ホップマンキャンプでトッププロの指導を務め、1988年インターナショナルアカデミー・オブ・テニスを設立する。彼のアカデミーには、オーストラリアデ杯チームをはじめ各国のトッププロやジュニア達が集まる。過去には、マッケンロー・ゲルライテス・パットキャッシュ・ラフター・メアリーピアースのコーチを務める。現在はメルボルンにてジュニアを指導している。

平沢 潤JUN HIRASAWA

ヨネックス・アメリカにてプロ選手のサポートを行っていたが、2002年3月長年の夢であったテニスキャンプをロサンゼルス郊外のローリングヒルズで開始する。世界のトッププレーヤーから"JUN"の愛称で呼ばれ、モニカセレス・レイトンヒューイットマルチナヒンギス・ナターシャズベレバ・アナイバノビッチなどのツアーコーチとしても活躍する。現在も世界四大大会には必ず帯同して、トッププレーヤー達のサポートやコーチとして活躍している。

HP BLOG